学費が安く、入りやすい大学 -アリゾナ州立大学

アメリカの大学は、特に名門トップ大学の場合、合格率が低く入学するのが非常に難しい現状です。

例えば、アイビーリーグの今年の合格率は以下の通り。

  • ハーバード大学 3.4%
  • コロンビア大学 3.7%
  • プリンストン大学 4%
  • イエール大学 4.6%
  • ブラウン大学 5.4%
  • ペンシルベニア大学 5.7%
  • ダートマス大学 6.2%

今年は、コロナの影響でSATなどの共通テストのスコアをオプショナルにした大学が多く、そのため一部の大学への出願数が増え、合格率が例年よりも下がりました。

 

よく「アメリカの大学は入るのは簡単」という意見を聞きますが、一部のトップ大学に関してはそうは言えません。

ただ、合格率が高く、入るのが簡単な大学も数多くあります。

 

私は個人的にアリゾナが好きなので、今回の記事では、合格率が高い大学の例として、 アリゾナ州立大学ーArizona State Universityを紹介します。

 

アリゾナ州立大学の学費、ランキングは?

アリゾナ州立大学 (Arizona State University)は”a highly rated public university”  “one of the top public universities”と言われている、評判の良い大学です。

留学生にも人気のある大学で、[アメリカで最も革新的な大学ランキング」の1位であり、THE 世界大学ランキングでは184位です。

合格率は86.5%となります。

 

入学するのが簡単で、なかなかいい大学ですが、日本の一般サラリーマン家庭の場合、ネックとなるのは学費です。

留学生向けの学費は年間31,200ドル。

大学のウェブサイトによると、生活費と合わせて年間54,593ドルほど必要なようです。

こちらの大学、留学生用のニードベースのファイナンシャルエイド はありません。

メリットベースのスカラーシップはあるので、大学から貰う奨学金と日本の団体からの奨学金(どちらも給付型)を合わせるとどうにかやっていけるかなぁという感じです。

でも2つの奨学金を獲得するのはなかなか難しいですよね・・・。

(学費・生活費全てをカバーする奨学金を支給してくれる国内財団もありますが、Arizona State Universityは対象大学ではありません。)

 

奨学金については以前こちらに書きました。

ぼんじょるね

我が家の長男は、今年4月から高校生になりました。 高校生になったとはいえ、中高一貫校に通っているので […]…

 

学費が安いキャンパスもある!

学費がネックと書きましたが、Arizona State Universityには5つのキャンパスがあり、そのうちの1つであるLake Havasuの学費は他のキャンパスの学費に比べてお安くなっています。

他のキャンパスの場合留学生向けの学費は年間31,200ドルですが、Lake Havasuの学費は年間10,536ドルです。

州内に住む生徒の場合、他のキャンパス→10,710ドル、Lake Havasu→6,594ドルとなり、差額は4,116ドルですが、留学生の場合20,664ドルも違います!

Lake Havasuは生活費も他のキャンパスよりも安いようです。

 

 

デメリットは?

Lake Havasuキャンパスは2012年に開講した、アリゾナ州立大学のシステムを小規模&低コストで拡張したキャンパスです。

需要の高い学部のみを提供しており、Business, Communication and Media. Exploratory, Humanities, Psychology, Scienceの分野を学ぶことができます。

設備の良い、大きなキャンパスで学びたいという人には向かないかも知れません。

また、Lake Havasuは小さな町で、娯楽が少ないので、都会でエキサイティングな生活が好きな人は退屈だと感じるかも知れません。

下の動画を見ると、Lake Havasuキャンパスの様子がわかります。

 

 

 

最後に

私はアリゾナが好きで今まで4回訪れたことがあります。

また海や湖が大好きなので、アリゾナ州立大学 Lake Havasuキャンパスを子供達に薦めてみましたが、アリゾナに何の特別な思いのない子供達は「Why Arizona??」という反応でした^^;