【英語多読】小学生におすすめの洋書5選・ニューベリー賞受賞作品など

  • 2019年9月22日
  • 2020年9月4日
小学生 おすすめ洋書

うちの子供達は、2人とも読書好きです。

中学生・高校生になった現在は、読書量が随分減ってしまいましたが、小学生の頃は2人ともよく本を読んでいました。

今回は、うちの子供達が小学生の頃に読んだ本を紹介します。

ニューベリー賞を受賞した作品を中心に5冊選びました。

(ニューベリー賞とは、アメリカでその年の最も優れた児童文学に送られる賞のことです。)

どれも9〜10歳以上を対象とした本です。

Common sense media という、本、メディア、映画などを評価するサイトのレビューを織り交ぜながら紹介します。

 

 

A Wrinkle in Time

1963年にニューベリー賞を受賞した作品。

主人公メグ・マーリーが、突然行方不明になった科学者である父を探すために、弟のチャールズ、友達のカルビンと共に時空を超えた旅に出るお話です。

2018年にディズニーにより映画化されています。

 

Common sense mediaの評価は;

  • 対象年齢・・・9歳以上
  • 教育的価値・・・2点
  • ポジティブなメッセージ・・・4点
  • ポジティブなロールモデル・・・4点

となっています。(点数は5点満点です)

 

 

When You Reach Me

2010年のニューベリー賞受賞作品です。

ニューヨークに住む12歳のミランダは、悩み事がいっぱい。

突然自分を避けるようになった親友の事、少し気になる男の子の事、ホームレスの男性の事などなど。

そんなミランダは、ある日不思議なメモを手にして・・・というストーリーです。

主人公ミランダが大好きな本が、1つ前に紹介した「A Wrinke in Time」です。

A Wrinkle in Timeを読んだ後にこの本を読むと、面白さが2倍になると思います。

 

Common sense mediaの評価は;

  • 対象年齢・・・9歳以上
  • ポジティブなメッセージ・・・4点
  • ポジティブなロールモデル・・・4点
  • 暴力性・・・2点 (押したり、叩いたりするシーンあり)
  • 性描写・・・1点 (ミランダのキスシーンあり)
  • 言葉づかい・・・1点 (”idiot” ” Shut up”などの表現あり)
  • 消費主義・・・1点 (”マクドナルド”などの会社名や商品名が少しですが出てきます)

となっています。(点数は5点満点です)

 

 

Liar & Spy

When You Reach Meの著者、Rebecca Steadが書いた作品です。

ブルックリンのアパートに引っ越してきたジョージは、アパートで「スパイクラブのミーティング」という張り紙を見つけます。

その張り紙を通して、ジョージは自称スパイの少年セイファーと出会い、一緒にスパイ活動をする・・・というお話です。

 

Common sense mediaの評価は;

  • 対象年齢・・・10歳以上
  • ポジティブなメッセージ・・・4点
  • ポジティブなロールモデル・・・4点
  • 暴力性・・・3点 (いじめの描写あり)
  • 言葉づかい・・・2点 (”freak” ” jerk”などの表現あり)
  • 消費主義・・・2点 (”M&Msなどの商品名が出てきます)

となっています。(点数は5点満点です)

 

 

Walk Two Moons

1995年にニューベリー賞を受賞した作品。

ネイティブアメリカンの血を引く、13歳の主人公サラマンカが、エキセントリックな祖父母とともに、オハイオからアイダホまで旅をするお話です。

良いストーリーですが、話が交差するため、ストーリーがつかみにくく、「わかりにくい」「退屈だ」と感じる人も多いようです。

 

Common sense mediaの評価は;

  • 対象年齢・・・10歳以上
  • 教育的価値・・・4点
  • ポジティブなメッセージ・・・4点
  • ポジティブなロールモデル・・・5点
  • 暴力性・・・3点 (少女が木から落ちて骨折したり、女性が流産するシーンあり)
  • 性描写・・・1点 (キスシーンあり)
  • 言葉づかい・・・2点 (”Native American” vs “American Indian”という呼び名の対立など)
  • 飲酒・ドラッグ・喫煙・・・2点 (peace pipeを吸うシーンあり)

となっています。(点数は5点満点です)

 

 

The Westing Game

1979年のニューベリー賞受賞作品。

資産家のウェスティン氏が殺害され、16人の遺産相続候補人が集めらました。

弁護士によると、ウェスティン氏を殺した犯人を探し出したものには、2億ドルの遺産が相続されるとのこと。

さらに犯人はその16人の中にいる・・・というストーリーです。

 

Common sense mediaの評価は;

  • 対象年齢・・・10歳以上
  • 教育的価値・・・3点
  • ポジティブなメッセージ・・・4点
  • ポジティブなロールモデル・・・3点
  • 暴力性・・・1点 (爆破シーンあり)
  • 飲酒・ドラッグ・喫煙・・・1点 (大人が酔っ払うまで飲むシーンあり)

となっています。(点数は5点満点です)

 

 

最後に

今回紹介した本は、Common sense mediaでは、多少暴力性や性的描写などが指摘されていますが、比較的安心して子供に読ませることができる本だと思います。

次男に、今回選んだ5冊に、(主観に基づき)おすすめ順位をつけてもらったところ;

  1. When You Reach Me
  2. The Westing Game
  3. Walk Two Moons
  4. Liar & Spy
  5. A Wrinkle in Time

とのことでした。

 

どれも児童文学ですが、大人の方が多読目的に読むのにも、おすすめできる5冊です。