子供向けおすすめ英語ニュースサイトを徹底比較

 

小学生でも読めるおすすめ英語ニュースサイトはないかにゃー
英語レベル、内容が小学生向けのニュースサイトを知りたいワン。

今日はそんなお悩みにお答えして、小学生向けのおすすめ英語ニュースサイトを2つ紹介します。

どちらも、アメリカの小学校で推薦されているサイトです。

我が家でも子供達が小学生ころはこの2つのサイトを利用していました。

それぞれ、機能、記事の内容に特徴があるので、それらを比較して、お子さんに合うニュースサイトを選んでください。

Newsela

まずは、Newselaを紹介します。

 Newselaは、子供用に編集した記事を集めたサイトです。

ジャンル、学年レベル(小学2年生から高校3年生)を絞って記事を選択することができます。

 

Newsela 子供向け英語サイト

 

読みたい記事が見つかったら、今度は自分に合った Lexile レベル(読解力と文章の難易度のレベル)を選びます。

 

Newsela 子供向け英語サイト

 

そうすると、自分の読解レベルにあった記事が表示されます。

同じ記事でも、Lexileレベルによって、使われてる語彙や表現が変わるという便利な機能です!

Newselaは、自分のレベルにぴったりのニュース記事が読めるところが大きな魅力です。

 

Newselaのサイトに記載されている、学年ごとのLexileレベルの目安

  • Grade 2: 300-500
  • Grade 3: 501-620
  • Grade 4: 621-780
  • Grade 5: 781-920
  • Grade 6: 921-1010
  • Grade 7: 1011-1109
  • Grade 8: 1110-1180
  • Grade 9-10: 1181-1260
  • Grade 11-12: Above 1260

 

Dogo News

次に、Dogo News  を紹介します。
Dogo Newsは、子供向けに書かれた記事を集めたサイトです。

 

Dogo news 子供向け英語サイト

 

ジャンル、興味レベル(年長から高校3年生) から記事を選ぶことができます。

記事には、重要単語がハイライトされており、その単語の意味がわからない場合は、そこをクリックすれば意味を確認することができます。

Dogo news 子供向け英語サイト

 

ambushをクリックすると、下のように単語の意味がポップアップ表示されます。

Dogo news 子供向け英語サイト

 

コメント欄もあり、記事を読んだ子供達が感想を書いたり、意見を述べたりしています。

 

Dogo news 子供向け英語サイト

 

ニュースを読みながら、語彙を強化したい、

ニュースを読んだ後、意見交換をしたい、

という希望を叶えてくれるサイトです。

 

どちらのサイトがオススメか?

2つのサイトは、機能面だけでなく、記事の性質にも大きな違いがあります。

 

Newselaは、提携しているニュースサイトの記事を、子供向けに編集しています。

例えば下の写真の記事は、元は、The Washington Postの記事です。

それを、Newselaのスタッフが、内容は変えずに、子供にわかりやすい言葉や表現を使って書き直しています。

(Lexile レベルをMAXにすれば、オリジナルのThe Washington Postの記事が読めます。)

 

Newsela 子供向け英語サイト

 

なので、文章は子供向けになっていますが、内容は大人が読むニュース記事と同じです。

ネット上の、Newsela のレビューを読んでいたところ、「内容が左に偏っている」「政治系のニュースは子供に見せないほうがいい」などのコメントをいくつか見かけました。

確かに、Newselaと提携しているニュースサイトをチェックすると、リベラルよりのものが多くあります。

 

一方、Dogo Newsの記事は、子供用に書かれた記事なので、思想を押し付けないようにニュートラルな立場で書かれたものが多い印象です。

 

このように、2つのサイトは、どちらも「子供向けニュースサイト」として有名ですが、記事を作る際の過程が異なるため、記事の性質は違います。

どちらがオススメかは、ご家庭の方針によって変わってきます。

(ちなみに、我が家は長男はDogo newsを、次男はNewselaを利用していました。)

サイトの機能面だけでなく、記事の内容も考慮して、お子さんにあったサイトを選んでください^^